わくワーク

2022年4月起業に向けた準備を中心とした雑記ブログです。

【MacBook Air】標準アプリ「プレビュー」で、アップロード用写真をリサイズ

お元気さまです。わくワークの義(ヨシ)です。

 

パソコン利用歴は、37年ぐらいになりますが、MacBookは、先月初めて触り始めた初心者です。

5年ぐらい使ってきたChromeブックが使いやす過ぎて手放せないのですが、今後MacBookだけを持って、動画編集を含めた作業を行いながら、ブログアップという場面も想定されるので、慣れるために積極的に使っていこうと思います。

色々と躓くので、学んだことを共有していきます。

 

今回は、写真のリサイズです。

 

スマホで撮影した写真は、結構サイズが大きいので閲覧する環境によっては、表示に時間がかかると思いますので、サイズを小さくして表示速度のアップを狙います。

スマホからダウンロードしたファイルを開くだけで、「プレビュー」で開いているのだと思いますが、念の為アプリケーションでアイコンを確認しておきます。

f:id:waqwork:20210726172135p:plain

私の場合、スマホで撮った写真は、Googleフォトにアップロードされているので、端末にダウンロードしてから開きます。

f:id:waqwork:20210726173605p:plain

ペン先のようなあいこんは、「マークアップツールバー」の「表示」と「非表示」を切り替えるアイコンでした。

f:id:waqwork:20210726174203p:plain

マークアップツールバーにある「サイズを調整」のアイコンをクリックして、幅や解像度などを入力します。

f:id:waqwork:20210726174828p:plain

ダウンロード時点の画像は、3.8MBと表示されています。

f:id:waqwork:20210726175230p:plain

幅を20cmとしただけで、93KBに縮小されました。 

3.8MBは、3,800KBなので、40分の1のサイズです。

縦横比はチェックを入れたままにしたので、高さは自動で調整されました。

撮った写真やスクリーンショットの全体のサイズを調整するだけなら、「プレビュー」だけでできます。

 

 

これは、とても便利な機能だと思います。

MacBook Airが、少し使いやすく感じました。

 

それでは、今日もワクワクな1日を!

チャオチャオ!