わくワーク

2022年4月起業に向けた準備を中心とした雑記ブログです。

間取りは1LDKと1SLDK【一棟アパート】

今週のお題「間取り」

 

お元気さまです。わくワークの義(ヨシ)です。

今週のお題は、大家さんの仕事を始めた私にとって非常に興味深い話題です。

 

f:id:waqwork:20210417172901j:plain

最初の一棟アパートの契約まで、たくさんの物件を見てきましたが、ほとんどが賃貸中のため、部屋に入って確認することはできませんでしたので、間取り図で確認していました。

 

契約した一棟アパートは、入居していない部屋を確認することができました。

 

間取りは、1LDKです。お風呂とトイレ、洗面台が、それぞれ独立しています。

脱衣所に洗面台と洗濯機置場があって、生活導線としていい感じです。

対面キッチンで、リビングも広く感じます。

リビングの奥の部屋は、ほどほどのスペースですが、エアコンも付いており快適そうです。


現在、自分が単身赴任で借りている部屋より「良い間取り」で、ここに住みたいと思いました。

私が見たのは1階の部屋だったのですが、2階は1SLDKという間取りです。

Sというのはサービスルームの略で、納戸のことです。

 

立地は、駅まで徒歩15分、スーパーやコンビニまで徒歩10分ほどですが、ほとんど車が通らない静かな道に接した場所です。

 

同じエリアに2DKのアパートも売りに出ているので、競合になるのかと思っていましたが、現在は、新しい物件の特徴ということもあり、2DKより1LDKの方が人気のようです。

 

2棟目も「築浅」の物件を探してます!

 

それでは、また〜チャオチャオ〜