わくワーク

2022年4月起業に向けた準備を中心とした雑記ブログです。

FP3級学習ノート「金融資産運用」SECTION05

お元気さまです。わくワークの義(ヨシ)です。

 

FP3級の教科書CHAPTER03「金融資産運用」のSECTION05「株式」の学習ノートの公開です。

f:id:waqwork:20210317175610j:plain



 

 

株式の基本

株主の権利

議決権

会社の経営に参加する権利(経営参加権)

 

剰余金分配請求権

会社が獲得した利益(剰余金)の分配を受ける権利

 

残余財産分配請求権

会社が解散した場合、持株数に応じて残った財産の分配を受ける権利

 

株式の単位

単元株

株式の取引単位のこと

 

株式累積投資

毎月、一定額ずつ積立方式で購入する方法
ドル・コスト平均法

 

株式ミニ投資

1単元の10分の1の単位で売買する方法

 

証券取引所

東京、名古屋に一部、二部
新興企業を対象としたマザーズジャスダックなど

 

株式欄の見方

始値

その日の最初の株価

高値

その日の最も高い株価

安値

その日の最も安い株価

終値

その日の最後の株価

前日比

前日の終値との差額、高いとき△、低いとき▲

売買高

その日に取引された株数

 

ローソク足

陽線

始値より終値が高い

 

陰線

始値より終値が安い

 

株式の取引

注文方法

指値注文

売買価格を指定して注文する方法

成行注文

売買価格を指定しないで注文する方法
成行注文優先の原則(指値より優先される)
価格優先の原則(売り指値なら低い価格、買い指値なら高い価格が優先される)
時間優先の原則(時間の早い注文が優先される)

 

決済

売買が成立した日(約定日)を含めて3営業日目に決済(受渡し)が行われる。

株式の指標

相場指標

日経平均株価

東証1部に上場されている銘柄のうち、代表的な225銘柄の株価を平均したもの
株価の高い銘柄(値がさ株)の影響を受けやすい

 

東証株価指数

東証1部に上場されている全銘柄の時価総額を指数化(基準日1968年1月4日の時価総額を100としている)したもの
時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすい

 

JPX日経インデックス400

東証全体から、投資家にとって魅力が高い会社400社(※1)で構成される株価指数

※1 選定手順
債務超過、3期連続赤字の会社は除外
売買代金と時価総額から上位1000銘柄
ROE、営業利益、時価総額を加味して400銘柄

指数は基準日2013年8月30日を10,000ポイントとして算出

売買高(出来高

証券取引所で売買契約が成立した株式の総数

 

株式投資に用いる指標

PER(株価収益率)

株価1株あたり純利益の何倍になっているか
PERが低い銘柄は割安、高い銘柄は割高
PER = 株価 ÷ 1株あたりの純利益(EPS)

PBR(株価純資産倍率)

株価が1株あたり純資産の何倍になっているか
PBRが1倍ということは、会社の解散価値と株価が同じことを示す
PBRが低い銘柄は割安、高い銘柄は割高
PBR = 株価 ÷ 1株あたり純資産(BPS)

ROE自己資本利益率

株主が出資したお金を使って、どれだけ利益をあげたか
ROEが高い会社は儲け上手
ROE = 税引後当期純利益 ÷ 自己資本(純資産) × 100

 

配当利回り

投資額(株価)に対する配当金の割合
配当利回り = 1株あたりの配当金 ÷ 株価 × 100

 

配当性向

純利益に対する配当金の割合
配当性向 = 配当金総額 ÷ 税引後当期純利益 × 100

自己資本比率

会社全体の資本に対する、株主が出資した返済不要のお金の割合
自己資本比率 = 自己資本(純資産) ÷ 総資産(負債+純資産) × 100

 

 

大体わかっていたつもりでしたが、特に相場指標のところが勉強になりました。
良く理解して株式の売買を行ったほうが、得したときの喜びが違うと思います。
勉強は大事ですね。

次は、「投資信託」の勉強です。既に積立NISAやiDeco投資信託はやっているのですが、何か新発見があるといいな〜

 

それでは、また〜チャオチャオ〜