わくワーク

2022年3月に早期退職し起業しました。仕事、趣味について発信する雑記ブログです。

ロジクール ワイヤレスキーボードをMacbook AirへBluetoothで接続

お元気さまです。わくワークの義(ヨシ)です。

 

外部モニタを使うとき、Macbook本体のモニタを閉じて使うことが多いので、お手頃なキーボードを「楽天市場お買い物マラソン」中に購入しました。


 

付属のUnifyingレシーバー(USB Type-A)かBluetoothで、ワイヤレス接続できます。

単4電池2本とスマホスタンドが付いています。

 

3つの端末を切り替えて使えるので、MacbookiPadChrome bookを繋いでみました。

初回のみBluetoothで接続の設定がありますが、設定時に指示されたコードをワイヤレスキーボードから入力するだけで認証され利用開始できました。

2回目からは、ファンクションキーに割り当てられた端末番号を押すだけで切り替わります。これは便利!

スマホスタンドには、iPadが保持できたので、久しぶりに使ってみました(Chrombookを購入してから、ほとんど存在を忘れていました。)

 

Chromebookが古くなって、Chromeブラウザのバージョンアップができなくなってしまったので、当面はMacbook Airでいろいろやってみます。

 

今回購入したキーボードは、正直Macbook Air用としてはイマイチでした。

利用中は、Macbookを閉じておけるのですが、スイッチを入れるためにMacbook本体を開く必要があります。純正のMagickeyboardのTouchID搭載モデルなら、キーボードから起動できるはずです。

 

キーボード配置は、変えられるのかもしれませんが、MacBookと記号入力の位置が違うので戸惑います。

 

しかし、お値段が安いので、複数の異なるOSの端末を切り替えて使う用途であれば、おおむね満足できるキーボードと思います。

 

それでは、今日もワクワクな一日を!

チャオチャオ!