わくワーク

2022年4月起業に向けた準備を中心とした雑記ブログです。

土地取引状況調査票【日本不動産鑑定士協会連合会】

お元気さまです。わくワークの義(ヨシ)です。

 

日本不動産鑑定士協会連合会からアンケート調査ということで、「土地取引状況調査票」に回答せよとの案内が届きました。

期限まで回答しないと照会状が届くようです。

f:id:waqwork:20210607061839j:plain

回答した情報は、「不動産取引価格情報提供検索」で表示される情報になるらしいです。

国土交通省の不動産取引価格情報検索ページというのがあるんですね。

https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

不動産を購入する際の相場を知るのに使えそうです。 

 

回答は記入して郵送する他、Webフォームの案内がありました。 

https://www.land.mlit.go.jp/webland/

記入より楽なので、入力しました。 

 

公示価格にも反映されるのかな。

公示価格(国土交通省が3月に出す土地取引価格の指標)があることをファイナンシャルプランナーの学習で知りました。

waqwork.hatenablog.com

 

不動産取引の相場がわかれば、極端に高い値段で買ったり、安い値段で売ったりする心配が減ります。

不動産取引にマイナンバーを導入すれば、調査しなくても価格データを収集できると思います。

キャッシュカード、クレジットカード、免許証、健康保険証などマイナンバーで紐付けば、もっと便利な社会になると思っています。

デジタル庁に期待したいです。

 

今日も良い1日になりますように!

それでは、また〜チャオチャオ〜