わくワーク

2022年4月起業に向けた準備を中心とした雑記ブログです。

簡単!「ラベンダーの挿し木」【ペットボトル活用】

お元気さまです。わくワークの義(ヨシ)です。

 

売却予定の自宅に帰りました。

ほったらかしのバラが綺麗に咲いていました。

f:id:waqwork:20210606180735j:plain

 

今年は、まだ咲いていませんが、新築時に植えたラベンダーは、こんな感じで咲きます。ハーブが好きで、ラベンダー、ローズマリー、ミントなど植えています。

f:id:waqwork:20210606181244j:plain

ラベンダーは、挿し木で増やしてきました。

今のところ、挿し木成功率100%の方法があります。 

数年やっていないので、以前の記憶を辿りながらのチャレンジです。

 

f:id:waqwork:20210606181749j:plain

帰り道、土と苔を100円ショップで買いました。

以前は、次のリンクのような高級な水苔と500円ぐらいの挿し芽用の土を使ってました。

 


 

 


 

今日、切り取ってきた新芽の部分です。

長時間の移動で疲れているようで、少しぐったりしています。

f:id:waqwork:20210606183158j:plain

上段はローズマリー、下段はラベンダーです。

 

f:id:waqwork:20210606183531j:plain

下の方の葉を切り落とし、茎を斜めにカットします。

挿し木用の植木鉢代わりの容器を作成するため、ペットボトルを加工します。

f:id:waqwork:20210606184226j:plain

つるつるのペットボトルより、くぼみがあるデザインのタイプだと切りやすいです。

水平にカットするのが、なかなか難しく、一周すると螺旋状に進む場合があります。

 

水苔を水につけて、ふやけてきたらペットボトルの飲み口に詰め込みます。

f:id:waqwork:20210606184830j:plain

100ショップの水苔は、時間が経過した水槽の水の匂いがしましたが、我慢して作業を続けます。

土を止める役割と、水を吸い上げる役割を担う水苔は、しっかりと詰めて抜けないようにします。 

f:id:waqwork:20210606185406j:plain

土を入れて、全体に水を染み込ませて挿し木します。

ペットボトルの切り口は鋭利で手を切る場合があるので、心配な方は、セロテープなどで保護すると良いと思います。

f:id:waqwork:20210606185936j:plain

やらされたら仕事でストレスになるかもですが、好きでやったのでリフレッシュできました。

天気が良く爽やかな風が吹き、作業に最適な環境でもありました。

後は、たまに水を換えるだけです。

 

実は2週間前、切り取ってきた新芽があったのですが、水苔と土が見つからず放置してました。

よく見ると根が出てました。

f:id:waqwork:20210606190825j:plain

1ミリぐらいです。写真での確認難しいですね。

 

 

f:id:waqwork:20210606191031j:plain

以前の写真です。ラベンダースティックを作って配りました。

また作ってみようと思います。

 

今日も良い一日になりますように!

それでは、また〜チャオチャオ〜